子育てと仕事の両立を可能にする3つのマイルール

この記事は2分で読めます


今日は週に一度の末っ子の体操教室に行ってきました。

体操教室といっても、家の近くでやっているわけではなく、

車で40分くらいかかる場所にあるのです。

どうしてそんな遠くの教室にいくのか?

それはうちの末っ子には知的障害と広汎性発達障害があるので、

療育のために遠くの教室に通っています。

ネットショップを運営していると、

毎日やることがいっぱいあるわけです。

ざっとこんな感じ。

  • ・出品

    ・メールのやりとり

    ・買付

    ・仕入れ先とのやりとり

    ・発送

    ・メールのやりとり

    ・収支の確認
もちろん一人でやっているわけではないですが、

仕事のボリュームはかなりあります。

そしてここに三人の育児と家事が入ってきます。

忙しいのはみんな同じだと思いますが、

私の場合はどんな風にルールを作っているかをお話ししますね。


ルール1 SNS、テレビ、ネットサーフィンはほとんどやらない。

私は自宅のテーブルで仕事をしています。

そして、うちのリビングにはテレビがありません。

一応ミニサイズ(18インチくらい)を持ってはいるのですが、

関東から引っ越してきた時に

クローゼットにしまってしまいました!

なければないで、特に不便もなく

家族でたくさん話せる環境になっていいです。

SNSもアカウントは持っていますが、

ほとんど見ません。

実は数年間はテレビも見ていたし、SNSにも

時間をもっと使っていました。

でもどうやったら時間をもっと上手に使えるのかを

考えた時に一番最初にやめた項目です。

ルール2 子供が帰ってきたら、仕事を一旦やめる。

ネットショップを始めた頃は、

子供が家にいるときも、

土日の休日も、だらだらと

仕事をしていたこともありました。

実際の作業は進むことは間違いないのですが、

子供との時間は取り戻せない貴重な時間だと

ある時気づいたのです。

もちろん仕事するのって子供のためでも

あるわけなんですが、

本当に子供のためを思うなら?

って考えた時に、私は「一緒に過ごす」方が

大事だと思いました。

一緒に宿題したり、学校の話を聞いたり、

出かけたりできるのって

一生を考えたらほんとにちょっとの間だけなんです。

うちの長男は今年もう11歳!

だからどんなに長くてもあと9年しか

一緒に過ごせないんですよー。

だから夕方からは何をおいても

「家族の時間」です。

それができるのが、起業したメリットです。

ルール3 食べ物でエネルギーをチャージする。

体調が悪いわけでもないのに、ちょっと気分がのらない時ありませんか?

そんな時にちょっと嫌なことを人から言われたりすると、

さらに気分が落ちちゃうときありますよね。

それでも子供は絶え間なく話かけてくるので、

お母さんはつらいところ。

私もそんな風に感じていた数年前。

今は生理前をのぞいて、気持ちはかなり安定します。

大事にしているのが「食べ物」です。

うちの場合は、ほとんど外食はしません。

夫か私が家族のために料理をします。

手の込んだ料理ばかりではありませんが、

誰かのために「手をかけた」料理は

エネルギーがたっぷり入っています。

コンビニ、ファミレスの料理は

味付けこそ刺激的ですが、

無機質でエネルギーはほとんどありません。

こういったものを全く口にしなくなって、

気持ちも体調も安定している状態を手に入れることができました。

 

おまけ

頭がスッキリする「鼻うがい」もほとんど毎日やってます。

慣れるまでは、やり方が難しいのですが、

とにかく思考がスッキリするのでオススメです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Get Adobe Flash player